ロフトに凝った一戸建て

厚木にてロフトに凝った一戸建てをゲット

厚木に引っ越してきて、ここで夢のマイホームをと考えました。土地を買い、一戸建てを注文するにあたって、やはり地元の工務店、建築会社の方が地域貢献にもなると考え、厚木にて建築会社と契約。ここで注文住宅のイロハを教わりました。

注文住宅、特に一戸建ては自分の望みをそのまま形にしやすいという点が特徴としてありますが、それは例えば台所やトイレ、お風呂などの水周り、もしくは駐車場はビルトインにするとか、家具は作りつけにしたいなど、人によって変わってきます。

建築会社はそれが仕事ですから、客の希望とあればちょっと変わったルーフバルコニーであろうがロフトであろうが、もしくはもっとアバウトな希望であろうがそれをキチンと相談すれば設計書の中には書き入れてくれます。

勿論現実的に不可能であれば出来ないものは出来ないといいますが、設計士の経験を生かしたアドバイスも貰えるはずです。

ロフトとは、物置やちょっとした多目的スペースに使われる場所です。大きさはそれぞれ様々で、半地下に作って物置にするとか子供部屋の間に狭い空間でもロフトを作り共通の遊び場にするとか、寝室の上部につくって季節外のものをいれておくなどの使い勝手のよい小部屋なわけですね。半地下や2階と3階の間に作るとか、2階の各部屋に作るなど、場所もあまり選ばないといえます。

厚木で建築会社に一戸建ての注文をした時、大きなクローゼットなどの収納家具ではなく、この納屋にもなり寝室スペースにもなる便利なロフトを作ってもらうことを前提に相談したところ、色々なアドバイスを頂けました。ステップ方式という一戸建ての建て方であれば、家の中に階段を多く用いて段違いに部屋を作れるので、狭い隙間を全て使えるということ。

天井裏に巨大な空間を作り、家族の物置は全てそれに決めてしまうというやり方。人が立つことは出来ないけれども横に広い空間は便利ではあるが、作る場所によっては空気の循環も悪くなってしまうということなどです。

ステップ方式は楽しそうですが掃除などの場面で少しばかり面倒臭いと思われる方もいること、天井裏の収納は熱がこもりやすいことなどのメリット・デメリットもちきんと教えて頂けたので大変納得しました。

一戸建てを作るということは自分の夢を実現化するチャンスでもありますが、現実的な住みやすさ、心地よさも考えて建築会社は提案してくれることが大半です。建てる時には是非アドバイスを聞いてもらいたいです。”

Copyright © 2018 厚木市で一戸建て、ロフトをこだわる、庭にこだわる方法を知ろう All Rights Reserved.