ランニングコスト

厚木市で建てた一戸建てのランニングコスト

一戸建ては建て方によってランニングコストが変わってきます。厚木市にも沢山、一戸建てが建っています。厚木市に一戸建てを建てる場合、建物の向きをこだわることで月々のランニングコストが違ってきます。

一番ランニングコストが変わってくるのが電気代です。在宅中に一番過ごす場所を何向きにするかが大きな問題です。

一番過ごすリビングを南向きにすれば一日中光が入り昼間は照明を付ける必要がありません。次に東南の角部屋であれば尚良しです。東南の角部屋は日本で住む場合、つまり厚木市で住むなら一番合っている向きです。

一戸建ての場合、朝日が入り清々しい午前中が過ごせます。そして日中は光が入り続けますので部屋は明るくなります。家にいる時は東南の角部屋で過ごすことが理想的です。

次に東向です。東向の場合朝日が入り午前中は過ごしやすくなります。ただ午後から日は入りません。但し共働きの夫婦が増えている現代では理想的です。

南向きに比べ東向は値段が安くなるため日中家にいない家族にはピッタリです。次に西向きです。西向きは午後から光が入ります。冬場は午後から暖かく過ごすことが出来ます。しかし夏場が大変です。

夏場の西日は日差しが厳しいためクーラーの電気代がかなり掛かります。窓の外にすだれを掛けるなどの対策をして極力厳しい日差しが部屋の中に入らない様にする必要があります。一戸建てで2階建ての場合、西日が当たると日が暮れた夜になっても部屋の中が暑いため夜もエアコンを付けることになります。

但し南向きや東向と比べ西向きは値段が安いため夏場の西日を考えた間取りにするとコスト削減を可能にします。窓ガラスにフィルムを貼って熱が室内に伝わらない様にする、もしくはカーテンを遮光のものにすることで更に熱を伝わらなくするなどの細かい対策をすれば快適に生活出来ます。

ただ日中は仕事や学校に行って家にいることが少ないのであれば西向きは南向き、東向に比べてお買い得物件になります。住宅も向きや周りの環境によって値段が変わります。

周りから見てネックがあっても自分自身で工夫することで問題を解決することが出来ます。実際に東向や西向きで住んでいる人は沢山います。

最近では太陽光発電を取り付けて光熱費を下げている家が増えてきているため太陽光発電を導入することを踏まえて考えると月々のコストを削減することが可能となります。住宅は住む人の工夫次第で快適に生活出来るスペースに変えることが出来るのです。”

Copyright © 2018 厚木市で一戸建て、ロフトをこだわる、庭にこだわる方法を知ろう All Rights Reserved.