慰謝料の請求

交通事故の慰謝料の請求の方法について

交通事故の慰謝料は通常、保険会社が警察の現場検証の結果を元に被害者の症状や事故の状況に合わせて算定し支払います。殆どの場合にはこれで双方納得し解決しますが、怪我の程度がひどいのに十分な額が提示されなかったり、後遺症が認められずにその分の慰謝料が認められない場合があります。そのような場合には、相手方との慰謝料をめぐる争いとなったり、または延々と交渉が続きその間本来貰えるはずの金額がもらえないということになってしまったりします。このような事にならないためには、正式な手続きを踏んで請求を行う必要があります。

慰謝料は、交通事故の被害者に対して事故により受けた精神的苦痛や、間接的な損害の一部を賠償するために支払われるもので、直接的な損害賠償とは異なります。事故により損傷した自動車の修理代や、治療のための医療費、休業補償などは直接的な損害として根拠を元に計算されるため、この部分でトラブルになることは余りありません。しかし慰謝料は精神的な苦痛や間接的損害に対する代償であるため、客観的な基準が無い為支払う側と受け取る側との認識が非常に異なることが多いものです。その為、加害者側から提示された金額が低い場合が多く、トラブルになることが有ります。

交通事故の慰謝料については保険会社や弁護士が一定の基準を元に算定することが多いのですが、その基準の中には実際に怪我などの状態により一義的に決められているため、精神的な苦痛に対する部分は非常にあいまいで保険会社などは出来るだけ金額に抑えようとする傾向が有ります。その為、正当な金額であることを相手方に通知すると同時に、法的に成立させるために請求を 行う際には内容証明で請求書を送ることが重要です。内容証明を利用することで相手方に支払いを促すとともに、相手方に無視され無いようにするための効力が有ります。その上で根拠を明示し、請求することが非常に有効です。また、示談する際には弁護士などの法律に詳しい第三者を交えて行う方が効果的です。

交通事故に遭うと外傷の他にむち打ちなどの後遺症が残る症状になったり、フラッシュバックなどの精神的な症状が現れることが有ります。その精神的苦痛は非常に大きいものです。しかしその症状はなかなか認知されにくいばかりでなく、場合によっては一生治らない症状になってしまうことも有ります。交通事故による慰謝料は自分の状態に応じてしっかりと請求することが重要です。

最近の投稿

Copyright © 2018 交通事故で発生する慰謝料の請求方法 All Rights Reserved.