慰謝料アップ

交通事故の慰謝料アップを勝ち取るために

交通事故はある日、突然遭遇します。すると、今まで送っていた日常生活が送れなくなり、大きな支障となります。健康状態はもちろん、仕事、家事、それに伴って収入もなくなるケースもあります。そのような支障を保証するのが慰謝料です。

しかし、実際は交通事故の慰謝料を払うのを渋ったり、少な目に見積もる保険会社が多いですので、十分な補償とならない場合が多いのです。交渉してもこれ以上は出せない、適切な金額だと言われてしまうことが多いのですが、それで本当に満足してはもったいないです。まだ増額できる余地があるのですから、正統な交通事故に関する補償額になるようにしなくてはなりません。

交通事故の被害者にはその補償として、治療費、慰謝料、休業補償、後遺障害の補てん、また事故によって必要となった治療器具やリフォーム代なども請求できます。治療費や事故による器具購入代は明確なのですが、慰謝料は認識の違いなどによって、幅が出てしまいやすいポイントです。

この部分もある程度の目安、計算方式は決まっています。入院日数や通院日数、病状のランクによって計算されます。病状のランクは命に係わる様な脳や心臓の場合、重大な場合、軽度などあります。重度なほど高い補償がされます。
また、入院はまる1日カウントされますが、通院だと半日だけ、また、通院間隔があくと治療が不要だったとみなされる場合もあります。本来は通院日数ではなく、通院したいた期間で計算されるべき場合もありますが、そこを単純に日数で計算してくる場合もあります。
まず、補償金額の見積もりを出してもらいます。それで計算してみて低いと感じたら、これでは納得できない、了承しない旨を伝えます。もし、妥当な金額なのかがわからない場合は、交通事故に詳しい専門家である弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。
自分で交渉しないで専門家に入ってもらって慰謝料アップを目指すのが効率的です。法律の専門家だと、保険会社や加害者も裁判になるよりはと思い金額をアップさせてきます。法的に正当な手続きや言い分で交渉してくれますので、妥当な金額にまで引き上げてくれます。また、自分で交渉する時間や手も省けるので、治療や日常生活に専念することができます。

これ以上の金額は無理と言われていても、専門家が出てくることでアップする余地があったことに気づくはずです。まずは諦めずに相談してみることが重要です。

交通事故に巻き込まれてしまうと大きな代償を負います。それを補てんしてもらう方法として慰謝料は大きな意味を持っていますので、そこで低い評価のままで終わらせてしまう必要はありません。

しっかりと納得できる正当な金額にアップ出来るように、時には専門家の力も借りましょう。その方が金額的にも時間的にもメリットがあります。

最近の投稿

Copyright © 2018 交通事故で発生する慰謝料の請求方法 All Rights Reserved.